蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】弱冠の使い方には目をつぶるべきか 

( 2011/06/29 17:39 ) Category 日記/世迷い言 | CM(6)

本日、ある方のコメント欄にて偉そうに指摘をしてしまいました。
しかし、わざわざ指摘すべきほどのことではなかったかも知れない、と思い直しているところです。
(すみません><)

「弱冠」という言葉は中国の周の時代において、男子が二十歳に達した際に成人の証として冠をつけたことに由来します。
「弱」そのものが二十歳を表しているのです。
なお、やはり中国において、女性は十五歳で成人とされていました。
 ※参考:筆記~書の虎の巻 1月14日(月) 笄冠(ケイカン)

しかし、これらの言葉、現代日本では本来の意味がかなり薄れた状態で使われています。
笄冠に至ってはほぼ使われる場面もありませんね。
現代日本においては「弱冠」を女子に使うことさえ特に問題ないと言えるでしょう。
ただし、ネット上の辞書において、「7歳でも28歳でもOK」みたいに書かれると、さすがにちょっと反発したくなります。

もともと二十歳の意味なのだから、「弱冠二十歳」という言い方も重複表現としか思えず、違和感を覚えていました。
とは言え、現代日本では「弱冠」の後ろに必ず年齢を入れるのがならわしとなっています。
複数の辞書にも、「本来の意味から転じて若年者に対して使われる」といった但し書きがありますし。
つまり、日本におけるこの言葉の慣例的な使われ方自体が、初めから誤用を誘発しやすいものだったと言わざるを得ないでしょう。


ところが、ここまで書いておきながら。

WEB上で気になる記述を見つけました。
「周代史料が基本的に二倍年暦」との指摘があるのです。
つまり、中国周の時代における弱冠とは現在の十歳ではないか、と。
新・古典批判 続・二倍年暦の世界 古賀達也 より、
「二 『曾子』『荀子』の二倍年暦」の章、「『荀子』の二倍年暦」の項の終わりの方に書かれています。


そんなわけで、「弱冠」についてはたとえ二十歳の男子を指していなくても、本日をもって追及するのをヤメようかと思い始めています。
政治家の、それも閣僚ともなると、「弱冠45歳」という表現もおかしくないのかも知れない。
この期に及んで「弱冠の本来の意味は……」などと訳知り顔で喧伝すること自体が滑稽なのかも知れない。
なので、「弱冠」についてはお口にちゃーっく、ということで(^^;
スポンサーサイト
スポンサーサイト

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

【日記】第5回Candy Store開催中 

( 2011/06/28 17:32 ) Category 日記/世迷い言 | CM(4)

同じ内容の告知、4回目です。

現在私は、桜庭春人様(小説家になろう:桜庭春人様のページ)による企画、candy storeに参加しています。

甘いお菓子=素敵
面白い小説=素敵

だったらお菓子が出てくる小説を書けばいいじゃない!

という企画です。

アクティブなメンバーは約20名、全7回、3週間毎という周期でひとり1作ずつ発表します。
毎回テーマとするお菓子が変わるのですが、第4回のお題は「プリン」(2011年6月5日)、第5回は「みたらし団子」(2011年6月26日/いき♂の投稿は1日遅刻しました^^;)でして、それぞれ「小説家になろう」にて発表しました。
私の「なろう」の作品へは、このブログ右上にリンクがありますので、お時間のある方はご一読いただければ嬉しいです。

残すところあと2回。
セミファイナルにあたる第6回のお題は「チョコレート」でして、投稿日は2011年7月17日です。
そして見えてきた最終日は2011年8月7日。
(最後のお題は何だろう……ドキドキ)
他の参加者様の作品、それぞれ個性が強くレベルも高く、読者としては待ち遠しい日々でした。
書き手としてはあっという間でしたけどね><

さて、このブログでは多くは語りません。
素晴らしい機会を与えてくださった桜庭様に感謝しつつ、多くの方々に【Candy Store】参加者様達の素晴らしい作品群と出会っていただければ至上の幸いです。

あと2回……がんがる!w

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

【日記】未知のスタンド 

( 2011/06/17 08:34 ) Category 日記/世迷い言 | CM(10)

やつを追う前に言っておくッ!
おれは今やつのスタンドをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 昨夜 起こった事を話すぜ!

『おれは傘を開いて歩いていたと
 思ったらいつのまにか閉じていた』


な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ


あっはい。
傘の骨が錆びてただけですね。
傘開いて歩いていたら、突然「ばしっ」と音がして視界が遮られました。
もう一度開こうと思ったけど、傘の骨、複雑骨折状態でした。
たくさんの骨が傘の中で下を向いてだらーんと垂れている状態。
しょーがないので残りの道のり、なんとか手で傘をおさえて雨をしのぎました。

ええ、ちょっと大袈裟に言ってみたかっただけです、もうしません(^^;

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

【日記】扇ぐ 

( 2011/06/01 18:08 ) Category 日記/世迷い言 | CM(4)

ブロとも、精霊館の仙咲ヒスイ様が日記で質問をあげていらっしゃったので、コメント欄で回答させて頂きました。
決してその気はなかったのに、操作ミスで管理人だけが見られるコメントにしてしまい、申し訳ありません。

例によって自信たっぷりに答えてしまったのですが、後から考えたら根拠が薄いことに気付きました。
ということで、ここでは私の持論として紹介します。

うちわを使って顔に風を送るとき、次の 、どちらが正しいんでしょうか?

1.うちわをあおぐ。
2.うちわであおぐ。



断然2番である、と答えました。
私の(薄い)根拠としては、「扇ぐ」は「風をおこす」と言い換えることができるため、それを当てはめれば自明、と考えました。


終了。 ……いや(^^;

せっかくブログに書くのだからもう少し掘り下げて。
上記のまま終了してしまうと、「顔を扇ぐ」という用法も誤用ということになってしまいます。
いや、やはり誤用かもしれない。どっちなんだ。私も日本語の迷路に……(^^;

そこで、格助詞に注目しました。

動作の直接的な対象や知覚・思考活動の対象、移動時の経路を示す。また、移動の起点や経由点も示すが、この場合には到着点を想定していない場合となる。
団体も含めた複数時の動作の主体や、動作の起こる場所、動作や作用の行われる時や場所、動作の手段や仲介物、由来、更には材料から完成品への変化の少ない時の材料・原料、動作や状態の継続する期間、継続していた動作の終わるとき、基準や境界と用法の広い助詞。

そう、つまり「うちわをあおぐ」と表現すると、うちわそのものに風を送ることを意味することになりそうです。

ところで、WEBを検索していると、ある赤ちゃんの動画を見つけました。
(リンクは張りません。赤ちゃんとは言え肖像権があるでしょうし)
タイトルは、「うちわをあおぐ」となっていました。
普段なら違和感を感じることなくスルーしていたことでしょう。
赤ちゃんがうちわを使ってパタパタしているわけですから。かわいいですね♪

※念のために書き添えておきますが、件の動画において、赤ちゃんは決してうちわに対して風を送っているのではなく、うちわを振っているのです。あたかも扇いでいるかのように。


ここで、「あおぐ」という言葉に注目してみましょう。
上を向くことを意味する、「仰ぐ」という同音異義語がありますね。
「空を仰ぐ」 決して誤用ではない日本語です。
「路上で仰ぐ」 「空を」あるいは「謎の円盤を」などの語を省略していると考えれば自然です。

それと似た考え方として「うちわをあおぐ」は「うちわを(使って)あおぐ」のような省略形であると考えれば誤用ではないと言えるのでしょうか。
もしかしたらそうかも知れません。
でも私としてはそうではない、つまり本来の意味が著しく損なわれるような省略の仕方はおかしいと思っています。

ええと、繰り返しますが、持論です(^^;
若干力説気味となりましたが、根拠は薄いままです。はい、自覚しています。
ですが、私としては冒頭の質問に対し、2番を支持することを表明しておきます。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。