蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】カギ括弧の表記方法 

( 2011/07/20 17:33 ) Category 日記/世迷い言 | CM(8)

文章を書いていると、日本語の表記方法で迷うことがあります。
それというのも、表記方法には揺らぎと言いますか、ある程度の幅があり、同じことを表現するにも複数の表記方法が存在するからです。
加えて、小学校で習う作文の書き方と、市販されている小説の書き方を比べると、習ったこととは違う部分が散見されます。


そこで、参考URLを。
教科書の出版でおなじみ、光村図書出版さんがHPの中で面白い情報を公開なさっています。

光村図書出版:言葉の質問箱

どれもこれも興味深いものばかりですが、ここでは「表記に関するもの」のQ4「正しいかぎかっこの使い方は」に注目してみます。
内容を引用しませんので、お時間のある方は上記リンクを辿って記述を確認してみてくださいね。
WS000205.jpg

※えっと、例文は本心じゃないですよっ(^^;

小学生の間は、会話文とそれ以外の文章との違いを明確にするため、会話文は二行目以降を一字下げ(これを『突き出しインデント』と呼びます)にするのが小学校用教科書における表記の取り決めだそうです。私の小学生時代はどうだったか覚えていませんが……。また、閉じ括弧の直前には句点をつけることになっています。(上図右側を参照)

一般的な小説などの書籍だと、二行目以降は行頭から書かれていますね。なお、同じく一般的な書籍だと、閉じ括弧の直前には句点がないのが普通です。(上図左側を参照)

これは、読書に慣れた大人であれば鉤括弧さえあれば会話文と認識できるので、特別に表記方法を変える必要がないということらしいです。同様に、閉じ括弧があれば文章の終わりと認識できるので、句点と閉じ括弧を連続させることはないということのようです。


では、複数の段落から成る会話をカギ括弧で囲むにはどうすべきでしょうか。
Wikipediaで引用符を調べると、下記のような記述が見られます。

複数の段落から成る会話を引用する場合、段落が始まるごとに鉤括弧開き(「)を置くことがある。各段落の終わりに鉤括弧閉じを置くことはなく、引用文の最後にのみ鉤括弧閉じ(」)を置けばよい。


WS000206.jpg

あまり見られない表記方法だけに、誤植を疑いたくなりますね。
小説によっては、複数の段落から成る会話文であっても、最初と最後をひと組のカギ括弧で囲む表記方法を採用しているものもあります。
段落ごとにひと組のカギ括弧で囲んでいるものも見た覚えがありますが、複数の人物が交互に喋っているかのように錯覚してしまいますよね。


基本的に、JIS X 4051:2004に定められた「日本語文書の組版方法」に明確な規定のない部分については、出版社ごとのハウスルールによって表記方法に差異があります。
その差異にあたる部分を指して「小説の作法はこうだ」と力説するのはナンセンスと言わざるを得ないでしょう。
実は、古い小説においては、会話文の閉じ括弧の直前に句点を打つのが普通でした。出版社のハウスルールも時代によって変遷しているのです。


最後に、夏目漱石についてのWikipedia記事をご参照ください。
引用は避けますが、「言葉遊び」や「造語」の項目を見るとなかなか興味深いです。
記事によると、夏目漱石による創作という確証はないようですが、私たちが現在「これが正しい言葉だ」と思っているものは、実は過去の言葉遊びの中から定着した言葉である可能性もあるということではないでしょうか。

何をどう書こうと自由だ、とまでは言いませんし今後も言うつもりはありません。
しかし、どうでもいい部分にまで言及し、あたかもそれが作法であるかのように制限するのは、曲がりなりにも創作を志す者としてせっかくの表現の幅を狭めることになるのではないか、と。
まあ大袈裟ですけどね。控えめに、問題提起っぽい書き方をして、本エントリを締めくくります。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

【日記】第6回Candy Store開催中 

( 2011/07/19 20:15 ) Category 日記/世迷い言 | CM(6)

同じ内容の告知、5回目です。そして多分これが最後の告知。

現在私は、桜庭春人様(小説家になろう:桜庭春人様のページ)による企画、candy storeに参加しています。

甘いお菓子=素敵
面白い小説=素敵

だったらお菓子が出てくる小説を書けばいいじゃない!

という企画です。

アクティブなメンバーは約20名、全7回、3週間毎という周期でひとり1作ずつ発表します。
毎回テーマとするお菓子が変わるのですが、第6回のお題は「チョコレート」(2011年7月17日)、第7回は「ケーキ」(2011年8月7日)です。
私の「なろう」の作品へは、このブログ右上にリンクがありますので、お時間のある方はご一読いただければ嬉しいです。

連作短編形式で発表してきた私の作品群、
第6話「チョコレート・ホーリーナイト」はクリスマスの話です。
第7話も実は完成しており、「なろう」へ予約投稿済みです。
タイトルだけ予告しておきますね。
第7話「五枚花弁のラージヒル」
乞うご期待。

書き手としては途中なかなかに苦しんだ期間もありましたが、読み手としては本当に楽しい数か月でございました。
参加者さんたちの最終話(と書くと誤解を生みそうですね、連載形式にしていない方が多いです)がどのような作品となるのか、今から楽しみです。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

第一回Sackomイベント 

( 2011/07/12 18:00 ) Category 日記/世迷い言 | CM(8)

私は現在、創作コミュニティSackomに参加させていただいております。
あまり積極的に活動してはおりませんが……。

2010年の年末に同コミュニティによる企画「オムニバス」が開催されました。
管理人さんの都合で、原稿の募集から半年ほど経過しましたが、去る7月6日にサイト上に掲載されました。

なお、私の作品は、年末の時点では未完でした。
「小説家になろう」にて完結させておりますので、興味のある方は覗いてみていただけると幸いです。
タイトルは「三つの扉」です。
三話完結。最終話には残酷表現を含んでいるため、その旨警告表示を添えました。
念のための措置であり、年齢制限が必要なほどとは思っておりません。
強いて言えば、PG12くらいかと。

さて、参加者様の作品は個性的で、力作揃いでした。
短い感想ですが、ネタバレになるかもしれないので追記に書いておきます。
『鍵守と小さな守護者』
かわいらしくも正統派ヒロイックファンタジー。主人公の年齢が幼くても、これほどの緊迫感を表現できるのは流石。絵との相乗効果もあり、世界観に引き込まれます。

『流星の街』
切ない系ファンタジーです。ミステリアスでありながら底流には優しさが感じられ、私にとってとても好きな雰囲気です。

『探偵GATEの非日常』
推理の要素はあまりなかったけれども、アクション物としての面白さはありました。シリーズ化できそう。彼らの活躍をもっと読んでみたいです。

『目のない男』
短い文章でうまく雰囲気を伝えてくれる文章でした。終わり方も良い余韻を残します。

『静かな記憶』
邪推かも知れませんが、短めの文章量におさめるために展開を早くしたのかな、という印象でした。同じ形のアイテムが、使用者によって別の形の武器に変化するなど、設定が良いので、もう少し分量の多い文章で読んでみたいと感じました。

『Reflain』
これはプロットですが、なかなか独創的です。私では絶対に思いつかない発想。完成版が読める日が楽しみです。

『人工物の屍骸とその先に存在する狂気という名の快楽』
これは私と同じく、発表の時点では未完だったようです。日常から非日常へと移行し、幻想的な雰囲気が漂いますが、どう展開していくのかとても興味があります。

『ユートピア 「No.01」』
SF要素を持つミステリーといったところ。いつか私も書いてみたい分野です。登場人物同士の距離感が良く表現されていて、(私にとっては)予想を裏切る展開も用意されていました。長さをあまり意識せずに読み進めることができました。

『なかなか書けないのでこんなんなりました』
ショートショート+エッセイという感じの作品。ショートショートの方は、オチが利いていると思います。

『意識の境界』
読み終えた第一声は「なるほど!」でした。最後の一文を読み、こういう結び方もあったか、と思いました。

『ネオ・ゲットー』
日記のような、一人称と二人称の中間のような形式で淡々と語られるSF。それでいてきちんと起承転結のメリハリがついています。

『無自覚の魔法使い』
おばあさんが少女に聞かせるお話という形での劇中劇のようなファンタジーかと思いきや。いい意味で予想を裏切られました。せつないけれども爽やかな読後感です。

『トマソンを探しに』
ニートの青年の怠惰な日常かと思いきや、おじいさんとの交流を通じて主人公の成長が丁寧に描かれていきます。凜さんらしい、見かけは軽妙ながら、その実重厚な内容の文章です。


みなさん、今回のテーマ「街」と「扉」のこなし方が上手い。勉強になりました。
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。