蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】百鬼夜行 

( 2012/10/11 18:37 ) Category 日記/世迷い言 | CM(4)

百鬼夜行とは、室町時代にはすでに存在していた迷信で、一言で言ってしまえば妖怪行列。
もともとの言い伝えは、鬼が夜中に人知れず行列をするもので、それを見た人は命を失うというものだったようである。

こんな伝説が残っている。かの安倍晴明は百鬼夜行に遭い、師匠の能力で身を隠すことによって難を逃れたという。彼が師匠から陰陽師としての能力を受け継ぐ前の事件である。
また、たとえ百鬼夜行に遭遇しても読経を続けて朝日を拝むに至れば鬼や妖怪たちは逃げ去って行くという伝承もある。
前者は安倍晴明のヒーロー性を際立てるため、後者は仏の功徳を説くための道具として、その対極にある悪役として「百鬼夜行」が利用されたのだ。

これ、「ひゃっきやぎょう」という読み方しか知らなかったので、何かの番組でアナウンサーが「ひゃっきやこう」と読み上げたのを聞いて耳を疑った。

調べてみたらなるほど「ひゃっきやこう」の読みも存在する。
出版作品としての書籍タイトルで「こう」の読みを採用しているものを検索すると、ヒットした。

今 市子先生による漫画作品『百鬼夜行抄』シリーズ
京極夏彦先生による小説作品『定本 百鬼夜行 陽/陰』


最近の漫画では、椎橋寛先生の『ぬらりひょんの孫』において、作中で「こう」の読みを採用しているらしい。
京極夏彦は『姑獲鳥の夏』において鳥山 石燕という江戸中期の浮世絵師による画集のタイトル『画図 百鬼夜行』を引用しているが、それに対するルビは「えずひゃっきやぎょう」だ。
しかし、Amazonで検索すると、角川文庫版では「がずひゃっきやこう」となっているとの記述も見られる。
『定本 百鬼夜行』に関しては、文藝春秋社の単行本も講談社文庫も表紙に「こう」の読みが書かれているので、京極本人は「こう」で統一しているものと思われる。


さて、妖怪の行列だから「ひゃっきやぎょう」という覚え方をした私ではあるが、別の覚え方として妖怪が行進するから「ひゃっきやこう」という覚え方をした方もいらっしゃるかもしれない。
どうやら「ぎょう」でも「こう」でもどちらでも良さそうだ。
出ましたよ、日本語お得意の曖昧さ。
もっと言えば、この件に関しては 「私が覚えた方が正しいんだ。そっちは間違いだぜ(にやり)」 と断言するのは恥ずかしいことだ、というのを結論とせざるを得ない。
残念ながらやや消化不良気味。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

コメント返信 

( 2012/10/05 23:37 ) Category 拍手返信 | CM(0)

自分のブログなのにコメント制限で書き込めない(^^;
変な禁止ルール設定しちゃってるんだろうか(^^;


ウダモ姐さん、返事が遅れて申し訳ない。
コメントありがとう、お返事です。


お久しぶり。
後悔しない生き方なんて頭で考えてわかるようなものじゃないし、
いつだって時間を無駄にしている焦りしか感じないんだけれども。

目の前にあるものにくらい、真正面から向き合わなきゃ、とは思った。

それが愛すべきものならもちろんのこと、
たとえ避けがたい困難な事態であったとしてもね。

始まってしまった以上、終わりがくる。
たとえ来世があったとしても、やはり時間が有限であることは変わらないわけで。

そうであればこそ、今この瞬間こそが何より大切なんだと思う。
誰にとっても。

それを教わったんだと思うことにする。
そして、感謝するよ。
もちろん、ウダモさんにも。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。