蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】コトバ 

( 2008/07/10 22:26 ) Category 日記/世迷い言 | CM(8)

つい最近、mixiでこんな日記を書いた。

> 盲滅法だとか聾桟敷だとかいった言葉が今の子(うわー年齢を意識する瞬間……)に通じないと思ったら。。。
> 放送・出版禁止用語だったのね。
> 単に言い換えてみたところで、意識が変わらなければ無意味だと思う。
> そんなことより、より少ない言葉で様々なことを表現しなければならず、冗長で舌足らずな日本語表現が増えるのを助長するだけだ。
> 余計意味がとりづらくなるし。
> これはアレだ。日本人総おバカ化計画の一環だな。
> どこかの国の学力テロ? 文化テロか!? そうだそうにちげーねー。


言葉狩り、というんだそうです。
その言葉が生まれた歴史的、文化的背景を無視し、コトバの持つイメージだけを取り上げて「差別用語」と称して撲滅を図る。
それはちょっと、エネルギーを使うべき方向が間違ってはいませんか、と思ったりします。
そんな言葉があるからいけないんだ。
そうして、少ない語彙で舌足らずな表現を強いられ、回りくどさに頭の回転が遅くなってしまう日本人が量産されていく。
いや俺だけか。俺だけだな。
愛すべき量産型ジム。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
す、すいません。
自分、意味しりません。

でも、文字的には、「あ~、目が見えないのかな~」とか「ん?ホームレス?なのかな?」
とかおもったりしますが、違うでしょうか?

「ろうめっぽう?」「ろうさんじき?」

あとで調べます~。
答え合わせ宜しくお願いします。

 いや、最近のわけの分らない新語よりは、古い言葉を守ったほうがいいような気がします。

 おっしゃる通り、そこには、忘れてはいけない。
 大切な歴史が確かに存在しています。
[ 2008/07/10 23:38 ] [ 編集 ]
同じ言葉狩りなら、今時の略語の方からしたら良いのに、と思います。
差別用語だとか言う以前に、日本の文化が枯れていくような気がします。
[ 2008/07/11 01:42 ] [ 編集 ]
「図書館戦争」でも同じような話がありました。
言葉を禁止してみたりして上辺だけ取り繕うあたりに、偽装に通じる現代のペラッペラな感じが否めませんね。

このままだと自分のブログあたりはそのうち違法になりそうです。そしたらスピークイージー気取りですよ。
[ 2008/07/11 01:44 ] [ 編集 ]
先ほどは、謎の画像失礼致しました。
(ここで説明しよう!なブログ後で読んでね♪)

ジャングル黒べえを見たい私でございます。
「アッコちゃん、その恰好どうしたの? ***ピィー***みたい!」
ハズせばそれでいいのか?な修正にもなっていないアニメ。
原作者はもっと怒ってもいいのでは?であります。

「それは差別だ!」「エコやってまーす!」と主張の強い奴に、
人間が良い奴は居ないだろうなーと思っとります。

言葉を狩るな!ハンター×2じゃない??? 
(どんなゲームかも知らない雰囲気だけの表現許して!)
言葉こそが伝承文化だ!不倫は文化じゃないやい!!!
(えっ?軸がブレてる。それは老眼♪……おいおい(^^;)
[ 2008/07/11 02:08 ] [ 編集 ]
おはようございます♪

> 単に言い換えてみたところで、意識が変わらなければ無意味だと思う。

現代人の意識はますます低下しているように思いますね。
別な差別を生んでいるし・・・・(^^;)

「何故だろう?」「何故かしら?」
・・と日本人総おバカ化計画を推進する層の人が、考えてくれたらいいんですがね(笑)
まあ、あれだな。軽薄短小・・・その時代の流れでしょう。

時代背景を表現することすら卑屈なまでに低姿勢に出なければ出来ないんですからね。

「サスケ」や「カムイ」なんてピーだらけで観れないんでしょうねぇ。
[ 2008/07/11 09:10 ] [ 編集 ]
ももまん太郎さん>>
答え合わせしましょうか^^

めくらめっぽう:闇雲に と言い換えられているようですね。何の見当もつけずでたらめに、っていう意味です。

つんぼさじき:江戸時代の劇場で、正面二階桟敷の最後方の観客席を指します。舞台から最も遠く、台詞がよく聞こえないわけですね。「~に追いやられる」「~に置かれる」というと、聞こえない場所に追い出される、とか仲間はずれにされるという意味でした。
ただ、見巧者( みごうしゃ)が集まる席でもあったわけなんです。演じる人にとって名誉となる称号は巧者(こうしゃ)で、客にとって名誉となる称号は見巧者なんです。要するに、芝居の真髄を評価できる人という意味ですね。
そういったことまでなかったことにしてしまう言葉狩りには、本当に寒々としたものを感じます。

singingchildさん>>
略語から! そうですよね。

痛人害骨さん>>
違法に! それは困る(真剣に)
ブログの世界まで味気ないものになってしまうぢゃないですかっ(^^;;

森野帽子さん>>
拝見しましたー! かぁいい!
ってか、ウチの下の子も似たようなの描きますぜw

【一心】さん>>
そうですよね。本当に考えるべき立場の人が考え無しの行動をするからおかしくなる一方なのに。
目を覚ませー!
[ 2008/07/11 12:23 ] [ 編集 ]
それじゃダメなのか??って、確かに最近言葉に敏感なご時世ですよね。
私はもの凄くたくさんの意味を含んだ言葉を見つけて、それを理解した時「凄いぞっ!昔の人」(笑)って素直に感心してしまいます。
盲滅法…公に使ってはいけないのですか。
言葉に罪ないのにね、受け止める側の意識だと思うけど……ああ、でも本当にお馬鹿になってきてて、日本語学ぶ気がないのかしら。英語よりずっと奥深くて、素敵で美しいのに。って私は思うんだけどなぁ。
[ 2008/07/11 13:54 ] [ 編集 ]
出版社と放送局では言い換え語に指定されていますね。
そうそう、自分の国の言葉を学ぶことの大切さ、放棄するなんて愚の骨頂です。

「いき♂の小説には一部差別的な表現が含まれておりますが、時代背景を考慮し極力そのまま掲載しております」
[ 2008/07/11 18:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。