蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

金魚すくい 

( 2008/07/15 00:01 ) Category 短編/お題 | CM(9)

 去年の夏、金魚すくいで手に入れた金魚を水槽に入れ、出窓に置いた。
 全部で六匹いた金魚は全部死んでしまったが、中三になった俺は、今年は夏祭りに行くつもりはない。
 塾で志望校への合格診断をしたところ、俺は合格ボーダーラインなのだ。みんなが遊んでいる時間こそ、自分の勉強時間に充てないと志望校に合格できない。

 金魚すくいでゲットした金魚は全部で六匹だ。金魚を飼うにあたっては、水槽の底に敷く砂利やプラスチック製の水草、アクアポンプまで用意して、小指の先ほどの大きさの金魚たちがどこまで大きくなるのか楽しみにしながら、最初のうちは毎日観察していたものだ。
 その後、エサは毎日欠かさずやっていたが、いつ頃からか水を換えるのが面倒になり、週に一度だったのが二週間に一度、一か月に一度と、どんどん間隔が長くなっていった。

 汚い水の中で、最初の一匹が死んだ時には反省した。
 死んだ金魚を庭の土に埋め、それからしばらくは週に二度、水槽の水を交換した。
 しかしそれも長くは続かず、気付くと水を交換する頻度は再び月に一度に戻っていた。

 やがて半年が過ぎ、金魚は三匹に減っていた。
 だんだん、水槽を眺めることがなくなり、そこに金魚がいることを意識する時間がどんどん減っていった。

 先月、最後の一匹を土に埋めた。
 三匹目までは埋めた後に手を合わせていたような気がする。
 最後の一匹は、埋めるのさえ面倒に感じていた。

 歳の離れた弟と妹が一人ずついるが、小学生の彼らは夏祭りに行きたがるし、帰ってきてからも興奮して騒ぐことだろう。今年も金魚すくいに挑戦するだろうが、あいつらのウデでは金魚を一匹もゲットできず、必ずこういうのだ。
「お兄ちゃんが金魚すくいしてくれればよかったのに!」
 俺に気を遣った両親は、弟たちを祖父の家に連れて行き、今夜はそこで泊まるという。
 理想的な環境で勉強していた俺だが、夜中の勉強がはかどらず、こんなことなら夏祭りを覗きに行っても良かったかな、と思い始めていた。

 ぴちゃん。

 ああ、また金魚がはねている。
 いや待て。六匹とも死んだはずだ。

 おそるおそる出窓を振り向くと、片付けたはずの水槽の中、元気に泳ぐ金魚の姿が。
 目を擦った。
 再び目を懲らすと、出窓には風に揺れるカーテン以外、何もなかった。

 また、金魚すくいしてこようか。今度こそ、途中で飽きたりせず、きちんと面倒を見るから。
 ……いや。中三になった俺は、今年は夏祭りに行くつもりはない。
 俺は出窓に向かい、今はもういない六匹の金魚のために、手を合わせた。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
我が家にも、同じ様に金魚すくいでゲットしたのが数匹います。私は一切触りませんが(笑)パパさんが育ててます。
水こまめにかえないと、すぐ死んじゃうんですよね。
でも、段々面倒臭くなるのよく分かります。
うんと、その辺りの受験勉強という主人公の置かれた立場と、心情やら葛藤を水かえと金魚の死に、もう少し何かのかたちでリンク出来たらいいんじゃないかな?って、偉そうに勝手に思ってカキカキしちゃいました。
すんましぇんです。
でも、ぴちゃん。コレは凄く良かったですっ♪
こんな感じ好きです^^
[ 2008/07/16 11:42 ] [ 編集 ]
> 主人公の置かれた立場と、心情やら葛藤を
ああよかった♪
次の日記で私が書いたことと一致しますね。
私も、そこが足らなかったな、と思っていたところです(^^;

> こんな感じ好きです^^
ありがとうございます♪
[ 2008/07/16 12:36 ] [ 編集 ]
どんなに自分がすると言って買ってきても最後、金魚の世話はもっぱらお母さんの役目でしたね~☆
思い出すのは金魚鉢にアマガエルを入れて飼ってたこと。
あまりにかえるがかわいくて手の中でかわいがって…そのまま寝ちゃって手の重みで圧死してた日にはかなりのショックでした。^^;;
夏の思い出ですね~☆
[ 2008/07/18 08:47 ] [ 編集 ]
アマガエル圧死ですか(^^;
なかなかインパクトのあるご経験ですね☆

金魚はどうしても親任せになっちゃいますよね(苦笑)
[ 2008/07/18 12:04 ] [ 編集 ]
こんばんは。
blue太陽です。
いきさんの小説いくつか読ませていただきました。
私は、この金魚すくいが好きです!

すごく優しい物語。

手に入れて間もないうちは、大事にしていても
その環境になれ、興味が薄れれば皆がこの主人公
と同じです。
今、しなくてはならない事と想いがよく伝わってきますよ。
ステキな作品と思います。

遅くなりました。今日は、コメントありがとうございます。
私のところにはあまり人が来ないもので、感想を教えていただけて嬉しかったです。
もし今度お暇なときがありましたら、覗いてやって下さい。
褒めなくてよいです。
足りないところなど指摘して頂けたら助かります。

では、また寄らせてもらいますね。
[ 2008/09/01 20:55 ] [ 編集 ]
この作品を褒めてくださってありがとうございます!
私は実は短編が苦手で、あまり脳内から引き出せずにいるのですが(^^;

自分も未熟なのに、他人様の文章を指摘するのは苦手ですが、気付いた点があれば提案という形でコメントを入れさせていただきますね。
でもblue太陽さんの文章、流れるような会話はお手本にしたいと思っているところなのですよ☆
ではでは、これからもよろしくお願いします!
[ 2008/09/01 21:08 ] [ 編集 ]
このお話って、悲しいような、でも心が温まるお話です^^
日常にあるふとした事を、感動的なストーリーにするの、いき♂さんは上手ですね^^

うちにも金魚がいます^^
彼と付き合いだしたときに採った金魚が。
初めは小さい金魚鉢に2匹だけ。
次の年に3匹入れて、その次の年には卵からかえった金魚さんが≧∇≦
今では熱帯魚用の水槽にいっぱいいます(゜▽゜;)
けっこう水替えるときに、水の温度が冷たすぎるといけなくて、たいへんですよね^^
思い出の詰まった金魚なので、世話はこまめにしています^^
[ 2009/06/06 17:26 ] [ 編集 ]
感動的ですか?
て、、、照れまくります(^^;;;

黎風さん、まめな方ですね!
熱帯魚用の水槽にいっぱい!
尊敬します!!
[ 2009/06/08 12:22 ] [ 編集 ]
ありがとうございます^^
この話を気に入ってくださる方が多くて嬉しいです!

私は、子どもの頃カエルにひどい仕打ちをしてました……
ごめんなさいもうしません><;
[ 2009/08/28 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。