蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【設定】スレッジ・チェイサーの設定 

( 2008/07/16 12:04 ) Category 設定/キャラ紹介 | CM(0)

スレッジ・チェイサーの件ですが、別ブログでネタバレ含む設定資料を公開しています。
スレッジ・チェイサーの目次にリンクを追加しました。
いずれ、スレッジ・チェイサーの続編を書く気満々です
キース3をお盆明けから始めるか、その前に新作長編を挟むか。
現在の創作活動の予定はそのあたりですが、本格的な再開はお盆明けになるかもしれません。
ああ、キース番外編だとか、現代物の短編だとかは突発的に書くかもしれませんけれどもw

この日記の追記にも、スレッジのネタバレ系記事を書いておきます。
上記リンク先と合わせ、よろしければどうぞ。

 

 


※ご注意:「スレッジ・チェイサー」未読の方にとっては完全にネタバレです。

《パペット》の本体はあくまでも反重力フィールドを利用するユニットです。
そのユニットが反重力フィールドを特殊な力場に変換し、ゴミやら何やらを人型に寄せ集めて行動させるわけです。
クリント重工製のこの《パペット》、車やバイクのようにハードキーで起動し、ユニットに搭載されたOSがある程度自律的な判断(ほぼ事前のプログラムによる)をして行動します。
かの「パトレイバー 映画版」において、何作目の映画だか忘れた(多分最初の映画だと思う)けど、篠原重工製のレイバーがOSに仕込まれたウイルスのせいで、無人で自動起動して暴れたことがありました。
でもレイバーって、車同様ハードキーで起動するんですよね。なんでOSだけで動くの!?って疑問だったのを逆手にとって、この作品では《パペット》をスレッジの呼びかけによって起動させてみました(大笑)

ところで、作中においてはサイボーグ技術は開発が頓挫したことになっています。
(我々の現実世界においては、感覚まで再現する義肢が発表されてますね。多分、実用化にあたってはバッテリーの問題や開発費等、まだまだ数多のハードルが残っていると思うけれども)
作品世界において、ペイジ中佐は陸軍情報部科学班の極秘チームに開発させていました。
極秘チームは《パペット》技術を応用し、義手/義足装着者の意志に従って動かせるようにしました。しかし、全ての人が装着できる技術ではないようです。
因みに、12年前の事故においては、マークは両親(両親とも科学者)と一緒に実験場所に、ミリィは伯父のスービィと一緒にいました。マークが手足を失ったのは12年前の事故によるもので、決してペイジ中佐が五体満足なマークの手足を人工の手足に交換したわけではありません。
ペイジにしてみれば、身元不明(ペイジがマークの両親を知っているかどうか不明)の格好の実験台を手に入れたというところだったのでしょう。
一般に出回っていないバイオ技術も利用しているようですが、マークは定期的に薬を飲む(注射?)ことにより手足を動かすことができます。
この薬がマークにフィールド能力を与えていたのか、あるいは彼が姉同様に先天的に持っていたものなのか、現時点では不明です。
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。