蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】濡れ手で粟 

( 2008/07/28 11:18 ) Category 日記/世迷い言 | CM(3)

濡れ手に泡 が間違いなのはご存知でしょうか。
正しくは
濡れ手で粟 と表記すべき言葉です。

とても面白いHPを見つけました。
私の拙い説明より、このページの説明がわかりやすくていいですね^^
このHPは誤字等の館(ごじらのやかた)です。(すでに皆さん、ご存知でしょうか?)
他にもたくさん紹介されていて実に面白い♪



おまけ

怒り心頭に達する も間違いなのはご存知でしょうか。
正しくは
怒り心頭を発する と表記すべき言葉です。
※これに関しては、助詞の違いはどうやら容認されているようではありますが、元々は「を」であったようです。
えーと、、、外から来た「怒り」が心に到達するのではなく、心の内にあった「怒り」を留めておけなくなった様子だと考えれば、誤用はなくなりますよね、きっと。
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
おはようございます。

おぉ!!
「濡れ手に泡」と言う誤用は初めて聞きましたが、
「怒り心頭に達する」は自分も使っていました。
でも外からきた怒り・・と言うより内なる怒りって言うイメージだったのですが・・・。
助詞の役割も難しい(^^;)
[ 2008/07/30 08:17 ] [ 編集 ]
粟と泡では発音が違うはずなんですが、最近は泡のような発音でしか、この言葉を聞いたことがないですね。
まあ、発音には方言も影響するし、慣用句になれば曖昧になりますから、発音の差異など何の参考にもならないんでしょうけれども。

「心頭」に「頭」の字があるから、「頭に来た!」というイメージで怒りが心から頭に達した、という誤解が生まれたのかもしれませんね。
「心頭」は「心の中」という意味です。したがって、怒りがそこに達したのであれば、怒りを心の中に押し留めることになり、私としては本来の意味と逆のことを指す言葉のように思えてなりません。
やはり、「心頭」から発するからこそ、激怒するという意味になるのだと思います(^^)
[ 2008/07/30 08:44 ] [ 編集 ]
ああ、なんだか偉そうなコメントを書いてしまった。
かくいう私も、ちょうど2年前までは「怒り心頭に達する」だと思っていたのです。
http://kstation2.blog10.fc2.com/blog-entry-48.html
[ 2008/07/30 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。