蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】目に見えるのは一面のみ 

( 2008/08/06 12:04 ) Category 日記/世迷い言 | CM(4)

だからこの世には幽霊がいるって話じゃないですよ。
ええ、見えない体質の私でも幽霊の存在を信じてはいますけれどもねw


下野新聞「SOON」:給食残したと小4女児に体罰 兵庫県、教諭を停職3カ月
(8月5日 23:53)

女児の様子がおかしいことに気付いた親が学校側に抗議して発覚。県教委の調査に教諭は「感情に頼った行動をとってしまったことは痛恨の極み」と話しているという。



読売新聞「YOMIURI ONLINE」:給食残した小4女児に体罰、男性教諭を停職処分…姫路
(8月6日)

数日後、女児に元気がないことに気づいた両親が姫路市教委に連絡。女児は「急性ストレス反応」と診断され、20日間学校を休み、両親の求めで別の小学校に転校した。



さて、報道から見える事実は一面に過ぎないとは言え、教諭自身が認めているように感情的すぎる過剰な“指導”だったように見受けられます。
いっそ“嫌がらせ”と言っても過言ではない。
連日報道される教師から生徒へのセクハラ(パワハラ?)事件を含め、教師を「先生」と呼んで何の違和感もなかった時代は過去のものになってしまったのでしょうか。
いえ、報道された同じ学校の先生の中にも優れた先生がいらっしゃることは事実でしょう。
今回の事件における3か月の停職。これは、見ようによっては軽く感じるその処分で、その先生が立ち直ってくれるものという判断があったのでしょう。
報道からは、何故そこまで感情に走ったかの経緯については伺えません。衝動的なものなのでしょうか。何を言ったところで推測の域を出ません。


こういう事件が起こるたび、親たちは態度を硬化させ、現場の教師たちは萎縮していきます。
一方で、TVドラマ化されるほどにモンスターペアレンツという単語が脚光を浴びています。
バカ親が増えたのは事実でしょう。
しかし、それでは学校側には何の問題もないのでしょうか。
そうは思えません。
しかし、どちらか一方に責任をなすりつけあうのは不毛です。
報道やドラマのイメージが先行し、だから学校はダメなんだ、とかイマドキの親どもは、と言い合っていて、子どもに何の利益があるでしょうか。
親と学校が協力する――そんな当たり前の時代に立ち返るべきですね。
そんな簡単なことが何故か難しいと感じる風潮に、一抹の寂しさを感じています。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
いやぁ、よくぞ言って下さいました★
私のウ○コ発言より重みがあります!(笑)

学校と家庭の連携―ここが欠けているから問題が上手く処理されない…ここが一番重要なポイントですよ。仰る通り★
それと、今必要なのは教師の質を高めるための採用の見直し、親の質を高めるための親の為の教育、この2つです。
採用の見直しは現状のように試験そのもののレベルを高くするのではなく、面接の部分のレベルを高くする。心理テストなどを重要視する、などなど色々ありますね。少なくとも教師はカウンセリングの資格に相当する技術を持っているべきだと思います。
それと親の教育…これは道徳の時間など、そういう時間を利用して、その枠の中で親子で参加できるカリキュラムを組む、など可能な改善策はいくらでもあります。
長くなりました。
上手くまとめられませんがそゆ事ですね(^O^)/
[ 2008/08/06 12:48 ] [ 編集 ]
ブログを拝見させて頂いてましたが、ご挨拶するのは初めてです。
よろしくお願い致します。

教育問題は難しいですよね‥
変態教師は言語道断ですが‥このような場合、自分はどう対処できるのだろう‥と良く考えます。
わかるのは、自分には教師は無理そうだという事だけ。
いき♂さんのおっしゃるとおり、この記事だけでは、背景が全く読み取れない。体罰って何したの?なんでこうなったの?って‥そもそも、この内容で記事にする背景が読み取れません。

学校と保護者が相容れないのは、今後も続くのでは?
学校は集団を、保護者は、個人又は小グループを対象として、意見交換をしても、同方向への協力は難しいですよね。
昔(やな言い方でごめんなさい)学校と保護者に問題が生じ難かったのは、学校の方が絶対的に上だったからです。
「学校に行かせる」という事を、多くの保護者は自分の子供に、「集団の規律を学ばせる」と理解していたからだと、自分の経験では思っています。

どっちが良いかは別として、今までのやり方で、学校、教育が良くなるのは難しいですよね。
もしかして、両方に分かり易いボーダーラインが必要?それも味気ないですが。
保護者と学校の間に、PTA活動の代りに、子育てを終わった地域OB会に活躍して頂いたら如何でしょう?
そこで、学校、保護者に勉強以外の指導をして貰う。
それには、オバQのカミナリ親父並みの特権を与えなければいけませんが(笑)

初コメで長々と書いてしまいました。申し訳ありません。
今後もよろしくお願い致します。

[ 2008/08/06 14:55 ] [ 編集 ]
これからの時代は心だが、それが通じない世界もある。政治ですよ。あそこは極道なんてものじゃない。そういう連中に教育について検討してもらうのは至難の業だ。
それならどうすればいいか?
自分は企業が介入するべきだと思いますね。
どうせ教育者も政治家も金で動く時代ですよ。親にしろ物欲主義に走ってますからね。母親達は特に酷い。
全部が全部とは言わないが、ある程度企業が参加してみるのも手じゃないかと思います。
メディアも余計な事は書くが、肝心要なところは有耶無耶にしている。ここに何が働いているか?言論にも見えない力が働いているんじゃないかと思う時がありますね。
少々過激な発言をしてしまいましたが、お気に触ったら消して下さい。
失礼いたしました。
[ 2008/08/06 19:42 ] [ 編集 ]
ウダムさん>>
教師の質については、来年4月から更新制が始まりますね。
まあ、あの制度のユルさには落胆しましたけれども(^^;
そうですね、教師にはカウンセリング能力が必要でしょうね。
もちろん、親たちの協力あってのことですけれども。

マダム半世紀さん>>
はじめまして。
お名前はかねてより複数のブログ主様のところで拝見しておりました(笑)
> 「集団の規律を学ばせる」
全く同じことを感じています。
戦後の軟弱世代(私を含めて)が、それを軍事教育になぞらえて反発し、大事なことを学ばないまま社会に出てくる連中が増えたのではないかと邪推しています。
> 子育てを終わった地域OB会に活躍して
イマドキの親たちの同意が得られるとは限りませんが、それはさておきものすごく魅力的なプランです(^^)

一応社長さん>>
> 自分は企業が介入するべきだと思いますね。
選択肢としては、それなりに魅力的だとは思います。
ところで、それはあくまで地域貢献の観点で、ということでしょうか。
それとも営利目的でしょうか。
いずれにせよ、長続きすることは期待しづらいですよね。
> メディアも余計な事は書くが、肝心要なところは有耶無耶にしている。
あと、記者の見識が足らなかったり、明らかに偏った報道をしていたりすると感じることもありますね。
メディアは自らの影響力について、もっと責任を持つべきですよね。
……などとお気楽なブログを書いている私が言ったところで説得力がありませんが。

気に障るなど、とんでもないです。
見識ある方からご意見をいただけることは有難いし嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
[ 2008/08/07 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。