蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【レビュー】さよならの代わりに 

( 2008/08/11 17:54 ) Category レビュー | CM(0)

すみません。自作小説の更新はやはり盆休みの後になりそうです。
休み中の更新はせいぜい3回と思ってたけど、こういう記事を挟めばもう少し更新を多目にできるな……(笑)
というわけで、たまには読んだ本の感想など。

さよならの代わりに
 作者:貫井徳郎
 出版社:幻冬舎
 ISBN:978-4344409989
 発売日:2007年08月

 mixiでレビューしましたが、それよりはもう少し詳しく書いてみます。
 文庫化されたのが今から1年前であり、単行本はおそらく3年くらい前に出ていると思われるので、ネタバレにはあまり配慮していないレビューとなっております。

 それでは、追記から。


 タイトルにひかれて衝動買いした作品。
 主人公が所属する劇団の描写から物語が進行していく。
 ミステリーだと思って読み進めていたが、ミステリー色は極めて薄く、どちらかといえば青春小説風。
 SF的なエッセンスが作品に微妙な色合いを加えており、重要な要素であることは間違いないが、作品全体にとって、それはあくまでスパイスとしての位置付けだと考えるべきだろう。
 事件の種明かしとなる部分において、登場人物たちの会話の冗長さは、やや不自然だ。しかし、それすらもラストシーンへのスパイスとして良い味を利かせていると言えなくもない。
 読み終えた後で、プロローグおよび主人公とヒロインとの出会いのシーンを読み返し、その上で再びタイトルの意味を意識したとき、せつなさで少し胸が締め付けられる。



さて、話は変わって。
昨日ギアス18話を上の子と一緒に観たわけだが。
ナナリー、光に包まれる時一言も発しなかったからな。
生きてる可能性高しw
 ↑
信用しないでくださいね。
それにしても、ロロはやっぱり病んでいた……
思いっきりダークな発言がありましたねぇ(^^;
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。