蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【あらすじ】炎のキース 3(20話まで) 

( 2009/01/05 00:00 ) Category 設定/キャラ紹介 | コメント(-)

「炎のキース 3」第20話までのあらすじ
11話~20話までのあらすじです。
ネタバレを含みますが、21話から読み始めたいという方はどうぞ。


追記を開いてください。
  ↓

 ローラ救出に向かうキースたちの前に立ちはだかる人物は、以前キースと剣を交えたスカランジアの騎士メンサムであった。死んだと思われていたメンサムはワイバーンの力を手に入れ、強敵となって帰ってきたのだ。一歩も譲らぬ激闘を繰り広げるものの互いにノーダメージ。結局勝負がつかず、決闘は後日に改めることに。キースたちはローラと再会する。斬り落とされたはずのローラの両脚は、ドワーフのドルガによる特殊な治療により本物そっくりに治っていた。
 一方、囚われのパーミラに危険が迫る。馬車で移動していた彼女は、ドーレブと御者に襲われようとしていた。カールの他、スタンリーもパーミラ救出に向かう。しかし、スタンリーはバネッサの待ち伏せを受け、連れ去られてしまう。カールの到着を察知したドーレブは、パーミラをそのまま残し、証拠を残さず立ち去った。
 ギガントがダークドラゴンに進化する前に“古き銘を持つ剣”三振りで同時に突けば斃せることを知ったヴァルファズルは、伝説の剣のひとつ“妖刀エメリーフ”入手のためエマーユをアーカシサン王国領内のストーンサークルへと派遣する。しかしそこはスプリガンと呼ばれる魔物が守る場所であった。
 実はスプリガンを使役しているのはドワーフたちだった。彼らに妖刀エメリーフ拝借の交渉をするエマーユ。交渉がうまくいきかけたところに、オクタブレ・ディフェンダーズのメンバーがひとり到着する。そのメンバーとは、なんとドーレブだった。

▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。