蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【あらすじ】炎のキース 3(40話まで) 

( 2009/01/05 00:00 ) Category 設定/キャラ紹介 | コメント(-)

「炎のキース 3」第40話までのあらすじ
31話~40話までのあらすじです。
ネタバレを含みますが、41話から読み始めたいという方はどうぞ。


追記を開いてください。
  ↓

 ギガントがダークドラゴンへ進化するために地上に現れるのが明日の晩に迫った。ヴァルファズルはファリヤの犠牲を覚悟し、ギガント対策を優先させる。一方、メンサムはローラを伴いファリヤ救出に向かう。
 肉体を棄て、ダークドラゴンと同化することで世界の覇者になろうとするドレン卿。そのためなら地上世界の破壊も厭わないと言う。その考えに賛同できないバイラスは、キースたちに塩を贈ってでもドレン卿の邪魔をすることに。科学者ケラン・ゴーセイもドレン卿とは異なる目的を持っている様子で、三者三様の思惑が絡み合う中ケランはバイラスと連携した動きを見せる。
 ドーレブの目的は人々の絶望を味わうことであり、そのためなら世界と同時に自分自身が破滅しても構わない。彼は罠を張り、ファリヤを閉じ込めた亜空結界の中にマミナともどもキースを誘い込み、風船を使ったゲームを強制した。互いの魔力を封印した上でのレイピアでの試合だが、両眼の視力を奪われたキースは苦戦を強いられる。
 そんな中、ストーンサークルで生き残ったマボルが他のドワーフの集落に連絡したのが功を奏し、ドワーフたちがギガント対策に動く。映像転送用の魔法装置と、物質瞬間転送用の魔法装置を大陸中の全王家に無償で配布するというのだ。ギガントが現れた王国にSOSを発信してもらい、他の王国からそこに武器と兵士を集めて戦うことを提案してきたのである。
 大陸中が慌ただしい動きに包まれる中、ファリヤの母親エイミーは密かにファリヤ救出を画策する。物質交換マジックアイテムにより、ファリヤと自分自身を入れ替えようというのだ。グリズはそれを阻止するが……。

▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。