蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

食事 

( 2008/04/08 12:07 ) Category 短編/お題 | CM(19)

 1LDKで家賃5万5千円。築20年という古さが微妙だが、大家がしっかりした人なのできちんと改装済みの物件だ。首都圏と較べれば安いのは間違いない。
 彼女と相談し、お互いの職場にも近いという立地条件の良さが決め手となって契約した。
 先月まで、狭いと感じていたこの部屋。
 今月からは、広い。
 そして、寒い。
 もうすぐ初夏を迎えるというのに、まるで冬に逆戻りしたようだ。
 ここが落ち着かない広さを感じる部屋となってしまってから2週間経つが、まだ慣れない。
「なんだか古典的というか。置き手紙残して居なくなるなんて」
 一方的だな。否、違う。一方的だったのは……悪いのは俺の方だ。
 彼女は、何度もサインを送ってきたというのに。俺は気付かなかった。
「そうじゃない……な。気付かない振りをしたんだ」

“あたしは空気じゃないんだよ!”

 なぜしっかり話し合わなかったのか。振り返ってみると、彼女の楽しそうな顔はあまり思い浮かばない。泣きそうな顔や、怒っている顔ばかりだ。
 彼女のサインを受け取らなかったのは、俺が鈍かったから?
 いや、記憶を美化しても虚しいだけだ。俺が狡かったのだ。泣かせたのも俺。怒らせたのも俺だ。
 俺は会社から任されたプレゼンに成功して成約する確率が上がった。そのたびに打ち上げと称して飲み会に行った。そうでなくてさえ顧客の接待で帰りが遅くなる日が続いていたというのに。
 最初は彼女も祝ってくれた。彼女が用意してくれた食事が無駄になっても、その日の内に帰れば彼女は笑顔さえ見せてくれていたのだ。
 そのうち、連絡もなく俺の帰りが遅くなるのは当然のことのようになり、彼女の笑顔は消えた。
 結局、甘えてしまったのだ。俺は、彼女に。

 それにしても、休日は手持ち無沙汰だ。
 槇原敬之を聴いてみた。そして、すぐにやめた。失恋の気分に余計に深く浸ってどうする。俺はバカか。
「というか……。100%バカだけどな」
 救いのない独り言が増えた。意識して独り言を我慢しないと、マイナスの気分が募っていく。
 さて、昼飯でも作るか。
 冷蔵庫を漁った俺は、またしても独り言を呟く。
「げ。牛乳の賞味期限、先週で切れてるし。……そういえば買い物してないし」
 仕方ない。またカップラーメンか菓子パンでも買ってくるか。
 そういえば、もう昼だというのにまだパジャマを着たままだ。着替え、財布を持ち、玄関に向かった時――。
 呼び鈴が鳴った。
 何かの勧誘だったら面倒臭いが、ちょうど出掛けるところだ。セールスマンなら適当にあしらってやる。

 ドアを開けると、目の前にスーパーの袋があった。中身がいっぱいで、相手の顔が見えない。だが……。
「あ……!」
「これからカップラーメンでも買いに行くつもりだった? どうせ、ちゃんと食べてないんでしょ」
 ええと。こういう時、なんて言えばいいんだろう。
 俺が絶句していると、相手がもう一度話しかけてきた。
「……ただいま」
「……おかえり……」
 俺はドアを大きく開け、彼女を迎え入れた。
「これからは、たまには俺も作るよ」
「ん?」
 俺と君の、二人のための食事を。



あとがき
またまた、FC2のコミュで出されたお題に投稿してみました。
えーと。ベタな展開ですみませんです。


エキサイトブログ公開時に頂いたコメント
Commented by ギン at 2008-04-08 21:10
( ;∀;)イイハナシダナー
失って初めて気付くっていうのがよく分かりますね~。
逆に言えば失うまで気付かない、と。
これは良い教訓となりますねw

Commented by kstation2 at 2008-04-08 21:25
えへへ。
これを教訓に、ギンさんは恋人を大切にするイイ男になりますように♪

注:フィクションです。私の体験談ではない……はず……だ…orz
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
素朴なテーマ、素朴なお話。
でもやっぱり好きです、こーゆーの。

私は、怒っても出て行かない派です(笑)
ってか、そっちが出て行けよっ!!ばかっ……な考えなので。

いきさんも、奥様と喧嘩、します?
うちは喧嘩と言うより、ほぼ一方的に私が罵詈雑言を……いえいえ(笑)
まぁ、すぐ仲直りします。基本、殿方は単純だ(笑)
[ 2008/05/30 15:46 ] [ 編集 ]
喧嘩? しませんy
すみません神様うそつきましたm(__)m
[ 2008/05/30 20:02 ] [ 編集 ]
>救いのない独り言が増えた。

いいですね~。
これだけで「気持ち」が伝わってきますよv-218

長編もそうですけど、短編もちゃんと書いていらっしゃるようで…(^^)
なすがばばさんもそうですけど、皆さん上手ですよ~。
私はあっちこっち書き散らしてばかりで、まともに完結しているものが少ないです。
やはり、書かないと、書きあげないと上達しないのですよねぇ…
ちょっと反省しました(笑)
これから少しずつ読ませて頂きますね♪
私も書かなきゃ★

ご訪問&コメントありがとうございました★
また来ますね♪
[ 2008/06/04 02:23 ] [ 編集 ]
おはようございます。
コメントありがとうございます!
短編は苦手です(^^;
でも、作中人物の気持ちが伝わったようで、胸をなで下ろしております。

またお邪魔しに伺いますね♪
[ 2008/06/04 08:20 ] [ 編集 ]
初めまして、threeと言います(´∀`)

確かにベタな話ですが、面白いですね。
文章作法もしっかり守られていて読みやすかったです。
[ 2008/06/28 08:46 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
お褒め下さり嬉しく思います。
そちらへもお邪魔しますね。
[ 2008/06/28 18:19 ] [ 編集 ]
ふふ^^
なんだかほのぼの。
女性ってこういうのよくしますよね^^☆
感情に任せて。
&ちょっとした罰感覚で^^☆

読みやすかったです^^
訪問&コメントありがとうございます^^
[ 2008/07/17 00:00 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
この状況、男としては焦りますよ(^^;;
まず彼女に連絡して、通じなければ共通の友達に。
「去るものは追わず」
だなんて涼しい顔していられません、私なら。
この作品ではわざとそのへんの描写を避けましたが(苦笑)

読みやすかったですか? ありがとうございます^^
また、続きを読みにお邪魔しに行きます!
[ 2008/07/17 01:46 ] [ 編集 ]
投稿日時:2008-11-27 19:01:24
> 素敵でした!!! 彼のことを見限れない彼女……この二人はケンカもしながら末永く仲良くして行けそうですね!!

コメントありがとうございました。
引き続き、当サイトにお越しいただければ嬉しい限りです。
FC2小説のコンテンツを削除してしまい、申し訳ありませんでした。
[ 2008/12/10 14:26 ] [ 編集 ]
短編ばかり読んじゃって、ごめんなさい(つд・)

このお話って、ベタと言ってしまえばそうですけど、日常にある小さな別れと再会が素敵です^^
うちもよく痴話喧嘩をします^^;
ニワトリは卵が先かとかで(゜▽゜;)

あと置手紙もよく書きますよ(´_ゝ`)

『家を出ます。探さないで下さい。夕飯までには戻ります』
とか
『実家に帰らせていただきます。夕飯は食べるので、作っておいて下さい』
とか書きますよ^^

わたしもこういうほのぼの系のお話大好きです^^
[ 2009/06/05 06:13 ] [ 編集 ]
> 短編ばかり読んじゃって、ごめんなさい(つд・)
いえいえ、どの作品も駄文ではありますがそれぞれに思い入れがありますので♪
読んでいただけるだけでもありがたいことです。

> ニワトリは卵が先かとかで(゜▽゜;)
こんなこと言うと失礼かな?
でも……。
かぁいー(´∀`*)ポッ

> 『家を出ます。探さないで下さい。夕飯までには戻ります』
> 『実家に帰らせていただきます。夕飯は食べるので、作っておいて下さい』

うはは^^
リアルほのぼの系のご生活を垣間見たような……w
[ 2009/06/05 09:37 ] [ 編集 ]
拝読しました。
初夏のような爽やかな作品ですね。
瑞々しく、優しい文章は、いき♂さまの人柄を表しているようです。

私なら怒ったら最後、戻ってきませんね~。

それでは、失礼します。
[ 2009/06/05 19:18 ] [ 編集 ]
いき♂さんの私生活をのぞいてしまった家政婦の気分です(笑)。
[ 2009/06/05 19:54 ] [ 編集 ]
うわ、照れますぅ(^^;
本人は決してそんないいシロモノではございませんが。

> 私なら怒ったら最後、戻ってきませんね~。
はい。作中人物たちにしたところで、思い出の量や絆の深さによっては、また違った結末になったことでしょうね。
[ 2009/06/05 19:57 ] [ 編集 ]
あ、ペカリ博士か(笑)
みぃぃぃたぁぁぁなぁぁぁ(^^)
[ 2009/06/05 19:59 ] [ 編集 ]
独り者には眩しすぎて目に沁みます……;;
一度でいいからこういう懲らしめられ方を味わってみたいぐらいです;;

たぶん、一日中居間の真ん中で
↓こうなってるでしょうけど^^;
OTL
[ 2009/06/06 00:46 ] [ 編集 ]
そのうちです、そのうち!
[ 2009/06/06 02:23 ] [ 編集 ]
 今日は時間がないので短編を、と思ったら、
 なんかじぃ~~んときちゃいました(´;ω;`)

 ストーリーがリアルで、最後がまた感動的≧∇≦

 彼女が戻ってきて良かったね^^って主人公に言っちゃいました^^
 これで彼も反省して、今後は彼女を大事にしてくれそうですね^^

 心温まるおはなしを、ありがとうございます!
[ 2011/09/08 00:46 ] [ 編集 ]
>  なんかじぃ~~んときちゃいました(´;ω;`)
あわわ、拙作ごときでそんな、、、ありがとうございます(汗)

人生ギブアンドテイクですよね。
与えられる一方で甘えていると……という気持ちで書きました(笑)
なにがあった、俺(^^;
[ 2011/09/09 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。