蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【拍手返信】うーん…… 

( 2009/10/19 12:11 ) Category 拍手返信 | CM(0)

2009/10/19 11:50
鍵コメさん>>
ありがとうございます^^
実際には、中黒の連続による・・・や、二倍ダッシュ(――)に関しては、出版作品についてはほぼ100%編集部により訂正されるものと思われます。
国内の各出版社において、JIS X 4051は組版の基本として機能しているようです。
なので、個人で発表しているものについて、表記がそうなっていないからと言っても大した問題だとは思いません。
仮に、過去に発表した私の作品にJISのルールに則っていない部分があったとしても、そういった些末な部分の表記を統一されたくらいでは個性を失わないような作品作りを心掛けたいものです^^

2009/10/19 21:02
鍵コメさん>>
ありがとうございます^^
結局のところ「こうでなければならない」という厳密なルールなんて存在しないんですが、その道のエキスパートを集めて作成したガイドラインとしてJIS X 4051があるんです。
ジャンルごと新設してやるぜ! という気概のある方なら今までの慣習の全てを無視した、ある種実験的な文章を書く、というか新たな文章表現をデザインするというのもアリなのでしょうけれども。
言語というものを普遍的なコミュニケーションツールとして機能させるには、あまり独創的で無駄に難解な文章を連ねたところで、小説という形で不特定多数に発信するには不向きだと思うのです。
もちろん、意図的に特定の層に向けて発信するのであれば全く問題ないんですけれどもね(^^;

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。