蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

届くことのない手紙 

( 2009/11/26 02:48 ) Category 短編/お題 | CM(16)

尖った言葉は簡単に相手を傷つける。
それでも、毒を吐かなければ精神の平衡を保てないことも有り得ることを、私は知っている。
下手な慰めや励ましは、却って相手をいらつかせたり追い詰めたりすることも。
一番厄介なのは仲間意識だ。
仲間意識には温度差がつきものなのだ。
特に、押し付けの善意ほど鬱陶しいものはないだろう。
知識として知っていても、いざという時に実践できなければ無意味だ。

この手紙はあなたに届くことはない。
なぜなら私はこれをポストに投函せず、土に埋めてしまうからだ。
せめて、心の中で唱えよう。
気付かなくてごめんなさい。

誰にだって嫌いな人はいるだろうし、知り合った時はそうでなくても途中から嫌いになることもある。
嫌われるのが気持ちいいと感じる人は、中にはいるかもしれないけれど極めて少ないだろう。
自分が嫌われたと知れば何かの誤解だと思いたいし、そうでないのならせめて理由を知りたいと思う。
ただ、誰しも嫌いな人のために貴重な時間を費やしたいとは思わないだろう。
理由を知りたくてしつこく食い下がれば、関係が悪化することはあっても好転することは稀だ。
否、好転することは皆無だと断言しても構わないだろう。

過去の失敗として蓋をして、忘れてしまうのがいいのかもしれない。
でも、忘れることなんてできない。それに、同じ失敗を繰り返したくない。
だから、嫌われたくらいで嫌いになろうとは思わない。
それは言葉で言うほど簡単なことではないのだけれども。
二度と縮まることのない距離、話しかけることさえできないもどかしさ。
それらを受け入れた上で、私は私でいようと思う。

届くことのない手紙に思いを託し、私はこれを土に埋める。



ひとつ残らず君を悲しませないものを
君の世界のすべてにすればいい

「そして僕は途方に暮れる」 by 大沢誉志幸
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
追記開けたら、胸がいたいんですけどぉ。
あうー。
そして僕は途方にくれる。
そういう意味か。なるなる。
深い言葉ニャねー。
誉志幸って、なんて読むの?
[ 2009/11/26 09:22 ] [ 編集 ]
「よしゆき」
今は大澤誉志幸って、名前の漢字を替えて活動しているニャ。

「そして僕は途方に暮れる」は作詞は銀色夏生だったニャ。
懐かしいのニャ(遠い目)
[ 2009/11/26 10:30 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/26 18:44 ] [ 編集 ]
真摯で、温かくて、そして励みになるコメント、本当に本当にありがとうございます。
そのお言葉だけで救われる思いです。今日はなんて嬉しい日なんだ!
[ 2009/11/26 19:11 ] [ 編集 ]
深いです。読みながらいろいろ考えたりしちゃいました。
追記の部分 聴いたことあるけど、サビしかメロディ出てこなかった…。
一度ちゃんと聴いてみたいと思いました。
[ 2009/11/26 22:02 ] [ 編集 ]
壁際で寝返り打って背中で聞いている、やっぱり貴方はでてゆくんだな。

まあ、一杯やりましょうか・・・
[ 2009/11/26 22:42 ] [ 編集 ]
> 深いです。読みながらいろいろ考えたりしちゃいました。
こんな暗いのまで読んでくださってありがとうございます。

> 追記の部分 聴いたことあるけど、サビしかメロディ出てこなかった…。
出だしは
♪見慣れない服を着た君が今出て行った~
です。
当時、作詞家のTV出演って本当に限られてて、大沢誉志幸自身もすぐにTV出演しなくなっちゃいましたから……。
銀色夏生が女性だなんて長いこと知らなかったです(^^;
[ 2009/11/27 01:53 ] [ 編集 ]
博士とは一度呑みながら語り明かしたいなぁ(^^)
[ 2009/11/27 01:54 ] [ 編集 ]
お久しぶりですe-53

この頃は、まぁ色々な事がありすぎて病み気味だったんですが何かこの短編を読んでいて心が軽くなりました^^

やっぱいき♂さんに小説はすごいなぁe-75
[ 2009/12/03 19:26 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
もし私の駄文が役に立ったのであれば、嬉しい限りです。

コメントいただけて本当に嬉しいです><
今は落ち着いておられるのかな?
少しずつ、元気出していきましょう^^
[ 2009/12/03 19:37 ] [ 編集 ]
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます。

早速短編から拝見させて貰いましたぁ。
深い……深いですね( ^ー゜)b
逃げる事も臭い物に蓋をする事も簡単な事だけど、それを一度やってしまうとドツボにはまるんですよね。
人間関係もそうですけど…一度逃げると逃げ癖がついてしまって苦しいですよ。

いやぁ…久しぶりに考えさせられました。

これからも少しずつ読んでいこうと思います。
よろしくお願いします。

それではこれからも頑張って下さい!
応援ポチリ★

また遊びに来ますね。
[ 2010/01/22 23:38 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ~&これからよろしくです!

> 早速短編から拝見させて貰いましたぁ。
ありがとうございます^^
このような駄文で何かを感じていただけたのなら嬉しい限りです。
また、そちらの続きを読みに伺いますね。
[ 2010/01/25 12:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/21 17:14 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
内緒になさるのが勿体ないほどの素敵なコメントです。
[ 2011/06/21 17:45 ] [ 編集 ]
世の中、こういう考え方が出来る人ばかりなら病まないのに…と思わされましたよb

歳と共にいい具合に枯れていく…そんな香りさえ漂わせているような言葉の数々。

大人だっ!間違いないっ!

こういう言葉を若い子達や頑固なお年寄りに沢山読ませてあげたい…そう思いましたよー!

とかいう私も、読んでいて色々と反省させられましたけどw
どうもねwオバちゃんっていうのは往生際が悪いのよww
でも、うん、この言葉のように潔く格好よく生きていきたいなぁ!と、改めて思いました☆

よぅし!今年こそステテコやめry…違うよね、うん。
[ 2011/06/22 09:27 ] [ 編集 ]
いやまあ、、、ねぇ(^^;
気分が落ち込んでるときに書いたんだけどさ。

ステテコは格好いいんだ……ぜ?w
[ 2011/06/22 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。