蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】フィクション考(結論なし) 

( 2010/01/06 12:51 ) Category 日記/世迷い言 | CM(0)

わざと現実と違う部分を織り交ぜるのもひとつの手法なのかなとか思ったり思わなかったりw
作品の種類や作風にもよるので、徹底的にリアリティを追い求めるのももちろんアリなんだけど。

たとえば現代作品を書いていて、25km離れた地点へ移動するのに、いくら車を使ったからって高速道路も使わずに10分で到着ってのは有り得ないだろう、と。
信号のある一般道を巡航速度150km/hで移動したのかお前は、と(^^;
推理モノとかでこういう矛盾が出てくると気持ち悪いよね。

SF的に、現代の物理法則の縛りのない状態、もしくは意図的に現代の常識を突き破りたいときには有効な手法となるわけなんだけれども。

なにが言いたいかっつーと、今私がかいているモノ。
イギリス人の17歳の少年が日本の高校二年生として編入されるわけです。
二学期、つまり9月から翌年3月まで留学という留学期間なんですが、交換留学じゃないんですよ。
主人公くん、登場の時点では日本で独り暮らしって設定なんです。
これって保護者がいないと絶対ダメなんですけど(^^;

書き始めた時点では、「フィクションなんだからまあいいや」、みたいな。

細かい(細かいのか?)点を挙げれば、名細亜学園って私立高校なんですよね。
そして10月の衣替えを迎えると、ユーリはきっと詰め襟に身を包むことになるんです。
詰め襟にセーラー服。公立高校じゃん。
今時の私立って大抵ブレザーだよね……と、書いてしまった後で自問している私。

あ、あとビザ相互免除協定ってのがあって、日英間の場合、6ヶ月以内の滞在ならビザ不要なんですよね。
今回、ユーリの滞在期間は7か月なんで、おそらく就学ビザを申請しているんだろうけど。
今後の展開として、ビザ延長して高校卒業まで日本に? ええい、勉強嫌いのユーリだけど勢いで大学まで!
いっそ日本に帰化させちゃ……バキッ!

ずびばじぇん、ユーリに殴られました(^^;

また結論が出ない日記を書いてしまった。
えぇと、書いた後でうじうじ悩むくらいなら、やっぱリアリティを追求した方が書き上げた後での後悔が少ないのかな、、、うはは(^^;;

以下、ややオタクっぽいネタなので追記に隠してみる。

1stガンダムにおける木馬(ホワイトベース)、大気圏突入しますよね。
恐ろしいことにガンダムまで単独で、しかもうっすいフィルム一枚を纏った瞬間にコクピットまで冷やしちゃうという。

そんでもって、あのちっちゃい翼しか持たない木馬が大気圏内で自在に飛び回るわけですよ。

一応、ミノフスキー粒子というレーダー攪乱物質が発見されているという【未来の】お話なので、現代の物理法則では不可能とされている技術が実用化されているわけなんだけれどもw


……こうして書いてみると、現代とか未来とか関係なく、有り得ない設定にこそロマンが潜んでいる部分も皆無ではないわけで。
バランスよく有り得ないモノを織り交ぜてこそフィクションなのかなぁ(相変わらず結論なし)
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。