蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】いろんな主張があってしかるべき 

( 2010/02/05 12:07 ) Category 日記/世迷い言 | CM(20)

個人ブログでは様々な方がご自身の持論を披瀝されています。
もちろん、その全てが正しい情報というわけではありません。
ネットリテラシー。
ネットを利用する際は間違った情報に流されないように、情報の受け手として研鑽するしかありません。
個人だけでなく、ニュースサイトにもあてはまることですが。
メディアリテラシーという言葉の方が先でしたね。
事実関係だけを淡々と報道する記事は別として……。
最近は以前にも増してスピード重視であり、どこまで確かめたのか不明瞭なものまでがニュースサイトの記事となっている傾向があると感じているのは私だけでしょうか。

さておき。
主張には同調や反論がつきものであり、コメントを受け付けているブログには賛同するコメントや、手厳しい反論が寄せられることもあります。
それ自体は当然のことであり、そのこと自体にはとりたてて感想もありません。

ですが、主張とは本来自由な物ですよね。
余程反社会的な物でない限り、尊重されるべきその方の個性でもあります。
同じことは、コメントを寄せる読者にも言えます。
ただ、短時間にコメントが集中しすぎて過熱してしまうのは悲しいことです。
反論が集中する“祭り”に限らず。

大体、みんなが同じ方向を向くなんて気持ち悪いじゃないですか。
ことに、ネガティブだったり攻撃的な内容の場合。
例えば……
「朝青龍の態度は嫌い。引退して当然」
「そうだそうだ」
みたいな。
まるでファシズム。そう思うのは私だけ?
※あくまで一例です。私は朝青龍そんなに嫌いじゃなかったし、引退が決定した今でも「なにもやめなくてもいいのに」と思っているため、このことを例文として使ってしまいました。

私が言いたいのは、誰かの主張に対する同調や反論はあって当然。
ただ、反論するにも言い方って物があるでしょ、と。
公序良俗に反する内容であれば、それを指摘するのは正しいことだけど、そうではなくて……
例えば、その方の持論に対する反論である場合に、
「視野が狭いよ」
とかよく言えるな、と。
反論は結構だけど、言葉を選ぶべきじゃないの?と思う。

この記事は、ブログ巡りをしていてあまりにも驚いたので、つい書いてしまいました。
その方にご迷惑がかかるといけないので、どのブログで拝見したことなのかは伏せておきますね。

何と申しますか……
その方が何をどう感じて、どういうつもりでその記事を書いたのか。
そういうことを深く考えず、ただ自分の意見とは違うからというだけで、お互いに悪感情が生じることがわかりきっている言葉を投げつける。
それって、ちょっと違うとは思いませんか?
こんな私の意見にも、きっと様々な反論があることでしょう。
……お手柔らかに。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/05 12:37 ] [ 編集 ]
なるほど、書き込んでくださったおかげで疑問に感じていた部分が氷解しました。
やはり、そちらに直接書き込まなくてよかった(^^;
このエントリは一般論としてこのまま置いておきます。
[ 2010/02/05 12:45 ] [ 編集 ]
ブログって公開日記みたいなものだから
書き手の主義主観が出てしまいますよね
私も独り言としてぶつぶつ気の向くまま書いてるだけだから・・・
思わぬツッコミが入るとびっくりする時があります。
・・・なんせ小心者ですから・・・
コメ返をどう切り返すかも課題ですかね~
・・・痛い思いもしたので慎重にならざるを得ません。
あっ、ちなみに朝青龍のやんちゃな笑顔は個人的にキライじゃなかったよ~e-320
[ 2010/02/05 15:19 ] [ 編集 ]
ブログは個人の考えが強く出ていてだからこそ面白いのであて。

それに反論も、あっていいけど、分別は必要ニャよね。
公的な情報の場って言うよりあくまで個人の意見の場なんだからにゃ。
コメント返すときも「貴重なご意見ありがとうございます」
程度でいいと思います。
反論を待って叩きたがる、攻撃的な趣味の人がいるから。

朝青龍。私も嫌いじゃない。
かれは大陸的におおらかだっただけ。
そんなふうに思うニャ。
[ 2010/02/05 16:01 ] [ 編集 ]
ディベートって、決して相手をやりこめることじゃないんだけどね☆
そのへん、どうも勘違いしている方が後を絶たないというか。

> あっ、ちなみに朝青龍のやんちゃな笑顔は個人的にキライじゃなかったよ~
ああいう超強力な外国人力士がいてこそ、日本人力士も発奮できるんじゃないかと期待していたんだけどね……
まあ、まだ白鵬がいるわけだけど、横綱は彼ひとりになっちゃうし。
[ 2010/02/05 18:09 ] [ 編集 ]
> ブログは個人の考えが強く出ていてだからこそ面白いのであて。
そそ。んで、まず認めることから始めようよ、と思うわけさ☆
みんな同じじゃつまんない。違うからこそ理解し合おうと思うわけで。

理解したくないなら、それこそコメントしなきゃいいのに、とも思ふ。
[ 2010/02/05 18:11 ] [ 編集 ]
まぁ「ブログ側」の記事に問題があるケースもありますが、他人のブログのコメ欄のっとって、自分の主義主張(主に政治がらみ)を「アジる」行為もかなり迷惑だと思うのですが・・・。(先日も知人のブログのコメ欄で見かけましたが。)
[ 2010/02/05 18:49 ] [ 編集 ]
そうですね。
しかし他人のコメ欄でのアジテーション、ある種の使命感を感じてやっているのだとすると、早く気付いて欲しいものです。
とんでもなく迷惑な行為だということに。
わかっててやってるなら論外ですがね(^^;
[ 2010/02/05 19:10 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/05 20:10 ] [ 編集 ]
まだまだ私自身ぜんぜんできていないことなんですが、立場が変われば物の見方も変わりますし、仰るように価値観だって違いますので、最大限相手の立場を思いやる努力をすべきなのだろうと思います。
ことに、価値観についてはそれこそ人の数だけ違いがあると言っても過言ではないでしょう。
強い言葉で相手を罵倒するのは、本来大人がすべきことじゃないんですが、今では政治屋さんたちが先頭に立ってやっておられますからね。
嘆かわしいことです。
せめて私は、自分が信じることに忠実でありたいな、と。
あ。格好いいこと言った。ぜんぜん実践できてないのに(^^;
[ 2010/02/05 21:39 ] [ 編集 ]
色々な意見があってこそ面白い。
でも押し付けたらダメですよね。
みんな違う価値観もあるし。
朝青龍、嫌いじゃなかったなぁ。やっぱり強いし。
降格とかじゃだめだったのかなぁ?なんて思ったり。
横綱の品位、目に見えない分難しそうですね。
[ 2010/02/08 03:18 ] [ 編集 ]
こんにちは!
> でも押し付けたらダメですよね。
ホントに、そう思います。若干の自戒もこめつつ(^^;

> 横綱の品位、目に見えない分難しそうですね。
少しくらいやんちゃな横綱がいたっていいと思うのは相撲協会の人間じゃないからでしょうね、きっと(^^;
ただ、一般人を殴っておいて、その上それを隠そうとしたのは非常にまずかったわけですが。
朝青龍が引退で、高砂親方はお咎めなしか……と思っていたら、2階級降格されましたね。
他の親方なら朝青龍を抑えられたのかどうか非常に怪しいところではありますが。。。
[ 2010/02/08 12:16 ] [ 編集 ]
うわあ、一番難しいテーマを記事にされてますね。

賛成です。

わたしは、諦めてます。世の中こんなもの・・・って。
[ 2010/02/08 22:25 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/08 23:16 ] [ 編集 ]
いやまあ、こんなものって思いは私も持ってはいるのですけれどもね。
ネットの性善説を完全に諦めてしまうほど達観できていないのです。
……というか、信じているんですよw
博士をはじめ、私のブロともさん達のような方々もいらっしゃるわけですし♪
[ 2010/02/09 00:25 ] [ 編集 ]
その認識はちょっと違うかな、と思いますよ。
匿名で書き込んでくださっているので、どの文脈を指して言っているのかについては察してくださいね。

朝青龍に関しては、結局彼は最後まで自分の気持ちに正直であり続けたのだと思います。
それが古い体質の相撲協会にそぐわなかったということであって、はたで見てて頭ではそうとわかっても、なんとか横綱を続ける道はなかったのかな、と思ったまでです。

当然ながら、一般企業にあてはめて考えればとっくにクビです。
不況の世の中、そんなぬるい企業はありませんから。
[ 2010/02/09 00:32 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/09 01:09 ] [ 編集 ]
私のレスの最初の一行がそれにあたるんですが^^
詳しくはそちらに書き込みました。
[ 2010/02/09 01:42 ] [ 編集 ]
自分もテレビに向かって心の内で文句をぶつけるようなことはありますが、他人にぶつけるようなことはあまりしませんね。
主張というのは掲げるものだと思ってますし、決して不快感や言い争いの起因になるものじゃないと思ってます。

ちなみに朝青龍の話は、とても残念ですが仕方のないことだと自分では考えてますね。
やはり、自分の積み重ねてきたものに対して筋を通したのかなぁと。
[ 2010/02/09 19:03 ] [ 編集 ]
自分だけが正しいだとか、自分がこう感じているんだから他人も同じように感じるべきだとか、自他の見境がつかなくなっている方の意見に耳を貸すつもりはないのですけれども、残念ながらそういう方も中にはいらっしゃるわけで。
そうは言いつつも、他人のブログのコメント欄にどんな書き込みがあろうが、いちいち驚いてちゃいけないのかな、とも思ったり(^^;

> ちなみに朝青龍の話は、とても残念ですが仕方のないことだと自分では考えてますね。
> やはり、自分の積み重ねてきたものに対して筋を通したのかなぁと。

横綱かくあるべし、という論調には全く疑義を差し挟むつもりはないのですが。
ただ、相撲協会としては、今までの外国人力士の真摯さ、従順さに胡坐をかいていた側面があるのではないかと思っています。
新理事に貴乃花親方が加わったことですし、今回の件を反省材料に、改革すべき点は積極的に改革していっていただきたいですね。
[ 2010/02/10 01:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。