蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】小説の長さによる分類 

( 2010/06/21 18:29 ) Category 日記/世迷い言 | CM(12)

いただいたコメントに、なかなかレスできずすみません。
落ち着いたらレスしますね。
今日は小説の長さによる分類について、ちょっとだけ調べてみました。


掌編 < ショートショート < 短編
このように書くと、掌編やショートショートは短編小説の一形式ということになるが、実際のところ明確な定義があるわけではない。
さらには短編と中編、中編と長編の区分けもかなり曖昧である。
以下、Wikipediaその他の記述を参考に、一般的な認識を箇条書きにしてみた。

掌編小説
・大正~昭和に活躍した小説家、中河与一が命名した。
・目安は300~800字程度と言われている。

ショートショート
・ブラックユーモアを基調とした、アイデアやオチに面白みを持たせた作品が多い。
・都筑道夫が日本に持ち込み、星新一らが一般に広げた。
・目安は原稿用紙10枚以下と言われている。

短編小説
・中編未満ではあるが、目安は原稿用紙数枚~80枚程度と非常に幅広い。
・欧米における短編は主に結末にどんでん返しが用意されている作品を指し、「長編の短編」という言い方も存在する。


参考
あるサイトでは、中編とは40000字前後(原稿用紙約100枚)、長編とは最低40000字(原稿用紙100枚以上)と説明しているが、やはり中編の定義は曖昧であるとしている。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
こんにちは
・・・と、いうことは私はまだ長編を書いたことがない、ということになりますね。
長くなると疲れてきて、早く終わりたくなってくるので。
シリーズを長編ととれば、書いたっていえるのでしょうか。
でも、原稿用紙5枚くらいの話が一番好きです。気が短いのかもしれません。読むぶんにはいくら長くても平気なんですが。
[ 2010/06/22 09:17 ] [ 編集 ]
> シリーズを長編ととれば、書いたっていえるのでしょうか。
全く同じテーマや設定で、登場人物の視点を変えた作品集ということになると、オムニバスとか連作短編という感じになるんじゃないかと思います。
それらを集めて1冊の本にまとめるのも素敵ですね♪
[ 2010/06/23 09:17 ] [ 編集 ]
なるなる、そういう感じなのねー。←よく分かっていないネコアタマ
面白きゃ何でもいいや。

ショートショートといえば、星新一だっけ?
阿刀田高志も面白かった。

お返事書いてあったので、えめる大喜び。んじゃまたねー。
[ 2010/06/23 17:48 ] [ 編集 ]
> ショートショートといえば、星新一だっけ?
ショートショートを日本で有名にしたのは星新一ですな。
阿刀田高志も脳の中身を覗いてみたい人のひとりですぜ(^^)
[ 2010/06/23 18:36 ] [ 編集 ]
私は今まで漠然と一番上のような関係かな、と思っていたのですが、はっきりとした区別というのはないのですね。
そうなると掌編もショートショートも、一応は「短編」の部類に含まれるということですか?
←間違ってたらすいません。。。汗
でも成る程という感じで、大変勉強になりました。^^

短い文章の中で、如何に無駄なくコンパクトに話を収められるか…
何れにしても短編って、結構難しいですね。
いき♂さんのように書ける方が羨ましいです。
[ 2010/06/26 20:35 ] [ 編集 ]
> 私は今まで漠然と一番上のような関係かな、と思っていたのですが、はっきりとした区別というのはないのですね。
> そうなると掌編もショートショートも、一応は「短編」の部類に含まれるということですか?

今回Wikipediaに限らずいくつかのサイトで調べてみたんですが、書籍などは利用していないので本当に参考程度ということで読み流してくださいね(^^;

そうなんです、かっちりとした区分があるわけじゃないんです。
ただはっきりしてることは、掌編小説というのは他の長い作品を要約した文章ではなくひとつの物語でなければならないということでした。
あと、ブラックユーモアを基調にしているか、そうでないとしてもオチが効いている作品でなければショートショートとは呼びにくいようです。
なので、どちらにあたるかわからない作品については「短編」と言っておけば間違いではないと言えますw

> いき♂さんのように書ける方が羨ましいです。

いえいえ、まだまだです。
あー、最近書いてないなぁ(^^;
[ 2010/06/27 09:31 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/29 13:52 ] [ 編集 ]
うわー、嬉しいっす!
お久しぶり!!
またよろしくです♪
[ 2010/06/29 17:08 ] [ 編集 ]
お久しぶりですe-69

とても勉強になりますe-75
[ 2010/07/02 15:26 ] [ 編集 ]
お久しぶりです^^
何かの参考になれば幸いです。
[ 2010/07/02 17:34 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/03 13:58 ] [ 編集 ]
お久しぶり!
某共通“戦友”ブロガーさんちでもどもでした^^

諸々了解です!
私はブログを全体公開に戻しても、以前ほどには書きまくれないと思いますが……
またよろしくです♪
[ 2010/07/03 14:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。