蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】一人称と三人称 

( 2011/02/03 19:20 ) Category 日記/世迷い言 | CM(0)

一人称と三人称。
まれに二人称で書かれた小説もありますが。

ちょっと二人称に挑戦。

 あなたならどうする?
 実は、こんなことがあったらしいの。
 部活の帰り、暗い道を一人で歩いていた二組のエリが……


終始、こんな感じで登場人物が読者に語りかける形式、、、ってか、これで私の理解、合ってるかな。

閑話休題。
一人称と三人称ですね。
創作支援サイトなどでは必ずといっていいほど話題になることであり、私としても最近書いてきたこと以上に述べることはあまりないのですが、少しだけ私なりの考えを。

三人称ならともかく、一人称の場合、主人公に限らず登場人物なら当然共有している作品世界の知識について、ことさらに主人公に語らせるのは不自然だと感じる方がいらっしゃるようです。
そんなことはありません。
三人称だろうと一人称(演出上、主人公が別の登場人物に語りかけるかのような変則的な一人称も含む)だろうと、基本的には語り部が読者になにがしかの「説明」をしてあげないと物語として成立しません。
その意味で、人称が何であれ「地の文」の基本は変わらない、と考えています。

なお、当然ながら異論・反論うえるかむ。

【追記】
「ナジア・ハンター」書いてるとき、ユーリひとりに語らせてた。
主要キャラに交替で語らせる一人称もいいなあ。ナジアの続きを書くとき、それも視野に入れてみようかしら。
▼追記(18歳未満閲覧危険……嘘ですよ♪)▼
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。