蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】思わず……思う 

( 2011/04/06 17:35 ) Category 日記/世迷い言 | CM(6)

「感心する」という言葉があります。
褒め言葉ではあるけれども、使い方によっては逆説的に皮肉る場合にも使える言葉ですね。

ところで、「大いに感心する」「やや感心する」という言い方であれば、違和感を感じません。
それに対し、「思わず感心する」という言い方にはいつも違和感を感じていました。
ただ、話し言葉であれば、「へえ~、と思わず感心しちゃった」などと、つい口をついて出てしまうのですが。
「思わず」は「知らず知らずのうちに」と言い換えることができます。
能動的な行為なのに、「思わず」という言葉で修飾するから違和感を感じるのでしょうか。

一方、「思わず拍手する」「思わず飛び跳ねる」なら違和感を感じません。
同じく、能動的な行為だというのに。
どう違うのでしょうか。
探し方が足りないのかも知れませんが、WEBで調べてみてもあまりそのことについて詳しく書かれたページが見つかりません。


以下は自説であり、根拠がありません。

「拍手」も「飛び跳ねる」のも能動的な点では「感心する」のと同じだけれども、心じゃなくて体を動かす行為です。
だから「思わず」興奮を表現したくなるのではないか、と。

例えば、良い音楽に感動して拍手したとき。あるいは、志望校合格の嬉しさに興奮して飛び跳ねたとき。
それらの行為を我知らず行った場合に「思わず」と言うのではないかと。
  良い音楽を聴いた。思わず拍手する。
  志望校に合格した。思わず飛び跳ねる。


それに対して「感心する」は心で思っていること。
心の動きを否定するかのような「思わず」という言葉を冠するから違和感があるのではないでしょうか。
そう、「思う」という言葉の上にのせてみれば……

思わず思う。

……ありえねえ(笑)

なんか、当然のことを長々と検証していただけのような気がしなくもありませんが(汗)
それでも、自信があるわけではございません。
正解をご存じの方はご教示くださいませ。

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
「思わず」と言う言葉一つには、色々な意味合いや
用法があるので、同じに考えては無理があるかと。

行動の場合は、無意識的な意味合いが強いですが、
「感心する」と言う言葉に冠した場合は
思いがけず、と言った意味合いが強いかと。
思いがけずも突き詰めれば無意識と同じじゃないかって
気がしないでもないですが、そこは日本語的に
微妙にニュアンスが違うと言いましょうか。

「思う」に関しては、抽象的過ぎて、
「思わず思う」って表現は無理があるかと。
ただ、作為的な表現の1つとしては、有り得ますけど、
文法的には?な感じですね。
「思う」と言う行為の具体的な事象に冠するもの
なのでしょうね。
「感心する」「納得する」……
「興奮」と言うのも心理的作用ですよね。

私はあまり違和感を感じなかったのですが、
鈍いのでしょうか(^_^;)
[ 2011/04/06 18:20 ] [ 編集 ]
こんばんは!^^
コメントありがとうございます。

> 「思わず」と言う言葉一つには、色々な意味合いや
> 用法があるので、同じに考えては無理があるかと。

色々な意味合いや用法があるのは仰る通りですが、語幹が同じである以上、同じに考えるべきでしょう。
そこで、違和感を感じるに至ったわけです。

> 「感心する」と言う言葉に冠した場合は
> 思いがけず、と言った意味合いが強いかと。

そうであれば、「思わず」ではなく「思いがけず」と言い換えるべきでしょうけれども、
「思わず」も「思いがけず」も語幹は一緒ですね。
そしてやはり、私としては「思いがけず感心する」という用法にも違和感がぬぐえません。

> 文法的には?な感じですね。
思わず思う、に関しては文法としては完全に破綻しています。

> 「興奮」と言うのも心理的作用ですよね。
その心理作用が意識せずに実際の行動として具現する。
だから、「思わず」と表現するわけです。
頭の中で完結することに対して「思わず」という言葉を冠するのは、やはり間違っているのではないかと。

自説であるにもかかわらず、偉そうにすみません。
ただ、こうして問題提起していただいたことで、私の中ではより確信に近い考えとして定着しつつあります。
[ 2011/04/06 23:27 ] [ 編集 ]
またいき兄さんは難しいことを・・・・・・・・・(´д`;)

確かに思わず○○したとはいいますけど
思わず思うなんて使い方はしませんよね。

思わず○○するというのは条件反射なんじゃないでしょうか?
例えばやかん→あっちぇぃぃぃい!!

っていうのも思わずするパターンですよね?

うむむ、難しいことですよ兄さん。
[ 2011/04/06 23:53 ] [ 編集 ]
こんばんは、遠野です。
私としては「違和じる」の方が
違和感を覚えるんですがwww 思わず思う、も然りでw

私はまず「思わず」と「知らず知らずのうち」が
イコールで結ばれませんね……。

「思わず」は、
「思いもよらず」「思いがけず」という意味で、
「~~しようと思っていなかったが、
 ~~してしまったということ」ですよね。

咄嗟的・反射的な行動などを指して、
思わず~~してしまったと表現していると思います。
ただ、咄嗟的・反射的と比べると弱い意味になって、
意図していなかったが、そうしてしまった
という意味だと思います。

それと、「意外・予想外」という意味も含まれていて、
自分がこんな反応をしてしまって「意外・予想外」だ、
という意味もあるのだと思います。

「感動しようと思っていた訳ではないが、
 あまりの素晴らしさに、思わず感動してしまった」

「予想外に感動してしまった」

という意味になって、私としては全く違和感がないですね。
むしろ、「知らず知らずのうちに」と結ぶ方が
よっぽど違和感がありますね。


「知らず知らずのうち」は、
~~を知らなかったので、
~~をしてしまったこと。

無意識に~~してしまったことを指してます。
それを意図していなかったが、そうしてしまった
という「思わず」に近い意味もありますが……、
私としては完全なイコールでは結ばれません。

知らなかったから、そうしてしまった的な
間違いやネガティブなイメージもありますし(個人的に)。

「思わず」はあくまで知っていたけど、してしまった感があるので、
「知らず知らず」に繋がらないのかもしれません。

まぁ、類義語でも
「ん~、イメージ違うな?」って感じです。
「思わず」と「知らず知らずのうちに」は。
[ 2011/04/07 00:41 ] [ 編集 ]
意外と反応してくださる方が多くて記事にしたかいがあったよねみくん^^
[ 2011/04/07 08:19 ] [ 編集 ]
おはようございます!

> 私としては「違和感を感じる」の方が
> 違和感を覚えるんですがwww 思わず思う、も然りでw

「感」が重複するからですねw
その議論が以前から存在することは承知しています。
http://d.hatena.ne.jp/trivial/20070214/1171459065
屈辱感を感じる、幸福感を感じる、という表現なら、前者の「感」をさっさと省略すれば済みますが、違和感についてはそうもいかない。
では、「違和感を覚える」と言い換えればよさそうではありますが、「覚える」の語感はいささか強い。
悩ましいところではあります。

> 私はまず「思わず」と「知らず知らずのうち」が
> イコールで結ばれませんね……。

なるほど。
これは、私が辞書をミスリードしていました。
確かに、完全なイコールでは結ばれません。
ご指摘感謝です。
ただ「知らず知らずのうち」に関して言えば、この言葉は決して知識がないことを表現しているわけではありません。
あくまで、自分の意識を知覚していないことを表す言葉ですので。
「思わず」の言い換えとして、「思わず知らず」という言葉もあります。
これに関しては完全なイコールです。
[ 2011/04/07 08:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。