蒲公英 ~癒しと生命力の花~

日記ブログ。たまに短編小説を発表。長編小説(別サイト)連載時は更新通知ブログと化す。

スポンサーサイト 

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
コメント(-)

【日記】常識は眼鏡を曇らせる 

( 2011/04/26 12:04 ) Category 日記/世迷い言 | CM(8)

なんだかまたいき♂が世迷い言を……。
と思われる向きも多いかと思いますが、はい、世迷い言です。しかも創作系の(笑)

ええ、常識は大切ですよ、でもね。
時には常識が眼鏡を曇らせ、先入観が誤解を生み、時には争いにも発展しかねません。
物書きなら常識を打ち破れー(^^)
いえ、時には、ですよw

Fact is stranger than fiction.
「事実は小説より奇なり」と言うが、だからって小説がリアルに対して遠慮することないじゃんw
妄想の世界、自由に翼を広げるのも創作の楽しみ方のひとつでしょw

『常識的に考えて、そういう年齢の人がそういう場所でそんなことしない。だから、そういう描写をしている小説には違和感を感じる』
といったご意見が、たまにネットで散見されるわけですが、じゃあフィクションの定義って何なの、と思ったりして(^^)

リアルにとことんこだわるフィクションというのは、作者の思い入れもあってか秀逸な作品が多いです。
それはそれで素晴らしいことだけど、荒唐無稽もまたフィクションの醍醐味ってことでw
もちろん、たとえファンタジーといえども一片のリアリティもなければ面白くない。
そのへんのバランス感覚があればいいんじゃないのかな、と。

どちらにせよ、こだわるのはいいことだし、どちらが良くてどちらが悪いと言いたいのではないのです。
そういったこだわりを他者に押しつけたくはないな、ということが言いたかった記事なので。
……お後がよろしいようで……。ちゃんちゃん(^^; 

Copyright © 2008-2012 いき♂@蒲公英 . All rights reserved.
難しい問題ではある、とは思いますね。

自分的には、十代の頃は平気で荒唐無稽なものを
書いていましたが、長じるにつれ、
書けなくなってしまいました。

本当は創作ってのは自由であって構わないものなので、
荒唐無稽でもOKなんですよね。
そういう点でマンガの方が自由度高い気がします。
荒唐無稽であっても、読者を惹きつけるものは
なんなのか?
人間ドラマであったり、キャラクターの魅力であったり、
ストーリー展開が面白かったりと、人を魅せるものが
あれば、荒唐無稽かリアルか、なんて問題自体が笑止だと思うのです。

違和感を感じる人は、その人の感受性の問題だから
それはそれで良いでしょう。
ただ作家的には、非常識な事なのに違和感を感じさせず、
妙にすんなり納得させちゃうような、そんな力量を
問われる問題なんじゃないかなぁ~と、
自分的には思いました。

プロの人気作家さんの作品だって、
これってどうなのよ?と首を傾げる箇所も
ありますし、でも最後まで読むと、そんなの
どうでもいいや、と思わせてくれたりもして。

まぁだから、本人の感想の域内では
どう思おうと、どう意見しようと自由だとは思いますが、
他人に指図したり自分の意見を無理やり押し通そうと
するのは、控えて頂きたいですよねぇ。
[ 2011/04/26 12:31 ] [ 編集 ]
> 自分的には、十代の頃は平気で荒唐無稽なものを
僕まだ十d バキッ!!( -_-)=○()゜O゜)アウッ!

> 人間ドラマであったり、キャラクターの魅力であったり、
> ストーリー展開が面白かったりと、人を魅せるものが
> あれば、荒唐無稽かリアルか、なんて問題自体が笑止だと思うのです。

仰るとおりです。

> まぁだから、本人の感想の域内では
> どう思おうと、どう意見しようと自由だとは思いますが、
> 他人に指図したり自分の意見を無理やり押し通そうと
> するのは、控えて頂きたいですよねぇ。

まあ、自分の考えと違うからには主張したくなるのは当然ですけれどもね。
世の中、違う考え方もあり、必ずしもそれが間違っているとは言えない……というより、正解がひとつとは限らないことを頭の片隅に置いておきたいものです。
[ 2011/04/26 12:50 ] [ 編集 ]
それはあれですか。
蒼さんに対するパンチですかっw

たしかに現実は小説よりもなんとやらっていいますよね。
こんな例で不謹慎かもしれませんが
今回の地震と津波もそうですよね。
はじめてみたときアレが現実だとはとても
とても思うことが出来ませんでした。
[ 2011/04/26 23:05 ] [ 編集 ]
> それはあれですか。
> 蒼さんに対するパンチですかっw

ねこぱーんち^^ てか俺荒唐無稽大好きだしw

311以降の一連の出来事は、ニュース見てても現実感が乏しかったよ、たしかに。
[ 2011/04/27 09:02 ] [ 編集 ]
何にせよ、自分の考えを他人に押し付けるのはどうかとw

おっしゃる通りですね、ホント。

今回の震災にしても、あちこちで色々な意見がありますけど、自分の意見に執着しすぎて他の人の意見を批判するとか、アレめんどくさいw

あくまでも自分はこう考えている…だけでよろしいかとw
だからあなたの意見は間違いです…とか余計w

てゆうか、またブロともに新着記事のってなかったていうorz
[ 2011/05/04 16:13 ] [ 編集 ]
小説にしろ、絵画にしろ、創作なのだから、他人の脳ミソに口出しするのは野暮だよねえ!その作品に対する個人の好き嫌いは構わんと思うんだ。だけど、どう考えるかまで指南するのは、はっきり言って、余計なお節介だよな!

また来るよ!
[ 2011/05/09 07:34 ] [ 編集 ]
平時と非常時で考え方が違うのは当然だし、そもそも何事も人の数だけ考え方があるものだけれども。
だからこそ、主張すること自体はもちろんいいことだし、時と場合によってはむしろ主張すべき場面もあるのだけれども。

問題は主張の仕方だよね。

> あくまでも自分はこう考えている…だけでよろしいかとw
まさしくそういうこと^^
[ 2011/05/10 12:51 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
書き込み、とても嬉しいです!

そうそう、普段から指南を望んでいるのであればまだしも。
創作のスタンスなんてそれこそ人それぞれ。
お互いに高め合うという考え方はもちろんアリで、要所の助言程度なら全く問題ないと思うのだけれども、どんな場合でも押しつけるべきものではないと思ってます。
あくまで、相手が感じ取るにまかせる、という。
[ 2011/05/10 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













内緒コメント/記事と無関係なコメントはなるべくチェックを……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。